厚切りジェイソンさんはインデックス投資でFIREを達成

インデックス投資

お笑い芸人(ピン芸人)、コメンテーター、IT企業の役員として活躍されている厚切りジェイソンさん。彼は節約家でもあり、ミニマリストでもあり、インデックス投資家でもあります。

 

初めてジェイソンさんの投資哲学を知ったのは『アナザースカイ』という番組でした。彼が初めて日本で暮らして働いた「厚木」の街を舞台に、取材が行われました。

 

彼は昔のアメリカ人がそうであったように、たいへんな節約家です。節約のために無駄な外食はしないことだったり、大量にモノを買って単価を下げることを意識しているようです。使い切れないぐらい買ってしまって失敗することもあるようです。

 

その節約の精神はお母さんから学ばれたようです。

 

「僕の母は専業主婦でしたが、つねに割引券やセール品を探していました。『お父さんの給料と同じくらい、節約で家計に貢献しているのよ』『すべて半額で買えたなら、それは給料を倍増させているのと同じこと』と話していましたね」

「女性自身」2021年7月13日号より引用

 

やはりお金持ちになることやFIREを達成するには、節約が大事になりますよね。ビルゲイツもウォーレンバフェットも節約家と言われますからね(彼らのときどきの散財はとてつもない額になりますが…)。

 

そして、ジェイソンさんはインデックス投資家でもあります。最初にGEの自社株投資で失敗してから、分散投資・積み立て投資を意識して資産を拡大されたようです。

 

僕は個別の銘柄ではなく、投資信託しかやっていません。具体的には、トータル・マーケット・インデックスファンドに定期的に投資し続けています。3~4年前までは、S&P500のインデックスファンドをやっていたけれど、ウォーレン・バフェットの話を聞いて、トータル・マーケット・インデックスに変えました。

僕の投資手法はとてもシンプル。月末に、2年分の生活費を現金で残し、残りのお金はすべて投資に回しています。芸人の仕事は安定した収入ではないので、投資額が多い月と、少ない月がありますが、このやり方は変わらないですね。過去には、収入の9割を投資していたこともあります。

@DIME 2021.05.27より引用

 

私も「月末に、2年分の生活費を現金で残し、残りのお金はすべて投資に回しています。」のような投資をしています。私の場合は300万円ほどの現金を残して、それ以外を「インデックス投資・不動産投資・保険」に振り分けています。

 

そしてなるべくシンプルな投資をするように心がけています。

 

ジェイソンさんは趣味もお金をかけないようにされています。アナザースカイでは厚木の丘陵地帯をハイキングされていましたし、普段から趣味と節約をかねてウォーキングをしているようですね。

 

ジェイソンさんのライフスタイルや投資哲学は、私たちのお手本となるものです。また、テレビ番組で「厚切りジェイソン」さんを特集してもらえるとうれしいです。

 

日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy (ぴあ書籍)

日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy (ぴあ書籍)

厚切りジェイソン
1,320円(10/21 05:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました