インデックス投資

浮ついた気持ちでインデックス投資をしていませんか?

カン・チュンドさんのブログ記事で、とても素敵な記事を読みましたので、感想を書きたいと思います。

 

参考記事;2021年の急騰相場で私たちが学べること

 

この記事では、株式市場がとても安定しているからこそ、下落相場の可能性を考えて、愚直な投資をしていきましょうと警鐘を鳴らすものです。

 

投資における最大のリスクは、
「投資のリスクはない」と思い込んでしまうことです。

 

カンさんの言葉は、投資家の心にダイレクトに響きます。素敵な言葉です。

 

私も、自分の投資成績を公開する時には、下落相場になれば含み益がなくなります!と書いています。

 

成績公開の記事を読んだ方に、投資のリスクが常にあることを私なりにお伝えしています。

 

今月(2022年11月)のイデコの投資結果は? 成績は少し悪化傾向。

 

でも、カンさんの記事を読んで、私自身が浮ついていたと気づきました。

 

イデコの含み益の記事を書いているときに、『本当に含み益がなくなること』を意識していただろうか.....

 

投資成績がマイナスになることを、本当に想定していただろうか?

 

私はいつの間にか、多少の下落はあったとしても、資産は右肩上がりに増えていくと安心していました。

 

この過信こそが、投資の最大のリスクだと私も思います。

 

市場が高騰する時こそ、冷めた目で慎重に。
市場が暴落する時こそ、野性の目で大胆に。

 

このような慎重な投資哲学を持って、堅実な投資をしていきたいものです。

 

ですが、積み立て投資をブレずに続ければ、冷めた目と野生の目を持つことになります。

 

つまりは、『上がってもウレシイ、下がってもウレシイ!』こそ最強なのです。

 

 

《この記事はブログランキングに参加しています。この記事が気に入ったらクリックをお願いします。管理人のモチベーションが上がります。》

 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-インデックス投資