レンタルオフィスの合同会社がメガバンクで口座開設に成功!!

不動産投資

レンタルオフィス(バーチャルオフィス)の合同会社でメガバンクで口座開設ができました。

 

レンタルオフィスの法人は銀行口座の開設がつらい

 

資産管理のために合同会社、いわゆるマイクロ法人を作って節税に活用する方法があります。私は不動産投資のためにマイクロ法人を設立しました。

 

次の投資物件の候補が決まる。次は池袋の物件。

 

合同会社を設立するだけなら、司法書士の先生にお願いすれば簡単にできてしまいます。

 

でも、新規法人で銀行口座を開設するのは本当にたいへんです。銀行は信頼できない法人に銀行口座を開設するリスクを取りたくないのです。

 

そして、私の法人はレンタルオフィスなので、さらに信用度が落ちてしまいます。私の付き合いのある不動産会社の担当者とも、メガバンクでの開設は無理ですよねと話しました。

 

私の合同会社の状況

 

①設立して1期目の決算を終えている

②個人で所有している物件の管理をしているので、多少の売上はある

③代表の私が医師

④法人で購入予定の物件が決まっている

 

このような特徴の法人の話になります。

 

まず、城南信用金庫での開設を目指しましたが、電話だけで断られてしまいました。「レンタルオフィスは無理です!」で終了となりました。

 

私の中で、『城南信用金庫事件』と名付けたこのイベントがあり、口座開設に本気になりました。都市銀行、地銀かまわず口座申込をしました。やりすぎたと思いますが、どこも開設できない可能性に怯えていました。

 

法人口座の開設は(WEB)面談をしないといけないのですが、不動産管理を頑張っていきたいアピールをひたすらしました。さらに、医師であることもアピールして、とにかく信用してもらうことに努めました。

 

結局、みずほ銀行、UFJ銀行が口座開設可能となり、手数料の安いUFJ銀行で開設することにしました。おそらく三井住友銀行も開設できそうだったのですが、UFJ銀行で開設を決めたのでお断りしました。

 

まさか、一番審査の厳しいUFJ銀行で開設できるとは思わなかったので、開設できて本当にうれしかったです。また、UFJ銀行は手数料が最安値なので、コスト的にもたすかりました。

 

なぜメガバンクで口座開設ができたのでしょうか?

 

感触として、みずほ銀行は口座開設に積極的でした。スピーディーに申し込みが進みました。(でも、口座の維持費が高いので注意してください。)

 

UFJ銀行は私個人のメインバンクなので、私の個人の給与などの取引履歴を把握しながらの面談でした。普段利用している銀行をUFJ銀行にしておいてよかったです。

 

個人の信用も大事です。私が医師をアピールしたように、みなさんも個人の勤務実態をアピールしてみてください。

 

すでに法人の決算を終えていることもプラスでした。法人の実態があるので、銀行の評価も上がります。これから法人を設立されるのなら、まずは住信SBI銀行の開設をおすすめします。

 

有名なレンタルオフィスにしましょう。google検索で上位に表示されるレンタルオフィスがおすすめです。ホームページがしっかりしていて、銀行口座開設ができることをアピールしているバーチャルオフィスにしましょう。

 

銀行は、その法人が犯罪に利用されないのかを不安に思っています。ビジネスをしっかりしていることがわかれば、きっとあなたの力になってくれるはずです。

 

ぜひ、銀行口座開設をがんばってくださいね!!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました