家計簿アプリはマネーフォワードで簡単に作成できます!!

家計管理・家計簿

家計簿が自動で作成されたら、最高ですよね。家計簿作成サービスを使えば、家計簿を自動でつくってもらえます。

 

そして、家計簿アプリはマネーフォワードで作成が一番おすすめです。

 

家計簿はノートに手書きをすることもいいのですが、継続できる仕組みをつくった方が効果的です。

 

マネーフォワードのメリット

 

マネーフォワードはメリットがたくさんあり、家計簿アプリを使うならマネーフォワードにしましょう。

 

何年も、もしかしたら何十年も利用するサービスなので、利用者数が多く使いやすいものがおすすめです。

 

①家計簿アプリNo1

 

家計簿アプリのトップシェアはマネーフォワードです。インデックス投資家にも、とても人気のサービスです。

 

上場もしている会社なので、安心して使っていけます。

 

②無料でも十分に利用できる

 

無料の会員は機能が制限されますが、それでも十分に利用できます。

 

無料会員は連携できる口座数やデータの閲覧可能期間が短かったりします。それでも、家計簿をつくる目的だけなら、無料でも大丈夫!

 

連携口座数が多かったり、ストレスなく利用したい人には、有料会員もおすすめ、私は有料会員ですし、会員費の価値はあると考えています。

 

利用料を下げる裏技がありますので、こちらをお読みください。

 

マネーフォワードの有料プレミアム機能を安くする方法

 

③マネーフォワードのデメリット

 

デメリットもいくつかあります。

 

金融情報を一括管理してしまうので、セキュリティの問題があります。

 

また、楽天ペイと連携できないなど、連携できない金融機関があります。

 

フクリのマネーフォワード活用術

 

有料会員なので、資産運用を始めた頃から現在までの資産の推移をグラフでみることができます。

 

このグラフを見ると、資産運用を頑張った成果を感じることができ、資産運用のモチベーションが上がります。

 

そして、マネーフォワードのデータを利用して、エクセルに独自の家計簿をつくっています。さらに、資産目録もエクセルで作成しています。

 

こちらの本で資産目録の重要性を知ってから、記録するようにしています。

 

新版 正しい家計管理

新版 正しい家計管理

林總
1,485円(12/02 01:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

エクセルの家計簿は、マネーフォワードの家計簿の月次推移(収入や食費・日用品などの支出)を転機しているだけです。

 

この作業をすると、例えば9月の収入と支出を直近5年間で比較できたりします。また、貯まりやすい月と貯まりにくい月を知ることもできます。

 

あなたの家計のクセを簡単に把握できます。

 

もちろん、こんなメンドウな作業までする必要はないです。

 

家計簿をつけると、家計管理が向上します。マネーフォワードなら、勝手に家計簿が出来上がるので、無料会員として利用してみてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました