あなたもiDeCoの利益「500万円」目指しませんか?

iDeCo

iDeCo:イデコ(確定拠出年金)の総利益が節税分も合わせて、500万円に到達しました。

 

なかなか投資で利益を出すことは難しいですが、500万円の利益を出したのは、あなたもできるような簡単な投資方法です。つまり、あなたも同じような投資をすれば、大きな利益を出せる可能性があります。

 

イデコは投資の才能も大金も必要ではありません。必要なのは「なにもしないこと」です。

 

私のイデコの投資ですが、まずSBI証券を利用しています。そして、SBI証券でインデックス投資の積み立てを続けています。毎月の投資額は2万3千円を、「ニッセイ外国株式インデックスファンド」にのみに投資をしている、とてもシンプルな投資をしています。

 

(★毎月の投資額が6万8千円だった時期が少しあります。)

 

この投資はすべて自動的に行われています。私は何もしていません。最初に投資の設定をすれば、自分の銀行口座のお金から自動的に投資され、気づいたらお金が増えています。

 

『何もしない投資法』を数年間続けると、勝手にお金が自動的に増えています。その成果がこちらです。

 

 

現在の含み益が、364万円になりました。そして、イデコは節税になりますので、節税額は160万円ほどになっています。

含み益と節税額を合わせて、500万円以上になりました。

 

まだイデコを始めていないければ、「自分にはできない」とか「自分は運が良くないからうまくいかない」と思うかもしれません。

 

不安に思うかもしれませんが、誰にでもできます。難しいことなど何もありません。しかも、自分には投資の才能も運もないと思っている方が、実はうまくいきます。

 

私も始めたばかりの頃は、ほとんどお金が増えないので不安になりました。不安に負けずに続けていると、10年かからないうちに資産ができていました。

 

私は「自分には投資の才能がある」と思い込んでいた時期があり、投資信託をトレードしていたことがあります。今から振り返ってみると、この余計な投資行動をしなければさらに200万円の利益が出ていたはずです。

 

だから、『なにもしない投資』をすることが大事なのです。

 

そして、イデコをやってみようと思う気持ちが大事です。私にもできたのですから、きっとあなたにもできますし、私よりうまくいくはずです。誰にでもできる投資法ですが、成果が出るまでには年単位の時間がかかります。

 

すぐに儲かる投資ではないので、早めに始めましょう。明日は、今だったらどの証券会社でどういった金融商品に投資したらよいのか解説してみようと思います。

 

これから資産運用を始めたいなら、こちらの書籍がおすすめです。

全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)

全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)

山崎元
495円(10/20 19:03時点)
発売日: 2013/09/30
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました