給料アップのために社畜にならないといけない時期もある

社畜とは、会社のために家畜のように尽くすことを言います。以前の日本人は、定年まで会社で働くことが美徳とされてきましたが、そんな単純な社会ではなくなってしまいました。

会社に人生を捧げるよりも、お金を稼いで投資で増やしてアーリーリタイアを目指すのが成功の証です。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)

給料アップのために社畜にならないといけない時期もある

しかし、普通に生きていてはアーリーリタイアはかなり難しいです。1年間を無収入で暮らすにはかなりのお金がかかります。アーリーリタイアをするのであれば、お金の心配はしたくありません。

そのために、配当であったり、家賃収入であったり、不労所得と呼ばれるような資産からお金が生み出される仕組みをつくらなければなりません。

その仕組みづくりには、かなりのお金が必要になります。1年間の生活費の20倍以上の株式や不動産を保有しておけば安心だと思います。私がアーリーリタイアをするには、1億5千万円の株式+不動産を保有することが最低条件になります。

これだけのお金をつくるには、本業と副業にエネルギーを注がなければなりません。喜んで社畜として生きなければならない時期が必要です。

私は、社畜としてレベルアップするために、副業(アルバイト)をかなり増やし、休日を削りました。

社畜として頑張れば、給与が増えて投資にまわせるお金を増やすことができます。社畜としてある一定期間を頑張って生きれば、逆に社畜として働かなければならない年月は減ります。

給料アップのために社畜にならないといけない時期もあります。社畜として頑張ると仕事が楽しくなるかもしれませんよ!

フクリの堅実な資産運用方法の次の記事はこちらから。

給料アップのために高級な財布に変えよう

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.