ネットバンク(ネット銀行)を利用しよう

資産を少しでも大きくするためには、「コスト意識」を高めましょう。日々の小さな小さな出費でも、何十年間も蓄積するとかなりのお金になります。例えば、銀行の金利、ATM利用手数料、振り込み手数料は、小さなコストですが積もり積もればかなりの額になります。

このコストを削減するために、私は「ネットバンク(ネット銀行)」をおすすめします。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)

ネットバンク(ネット銀行)のメリット

ネットバンクでおすすめしているのは、SBI銀行と楽天銀行です。このどちらかを選んでおけば安心だと思います。今は、大手の銀行もインターネットサービスをはじめていますが、まだまだこの2つの銀行のサービスには劣っています。

・預金の金利が高く設定されています。

・利用条件を満たせば、ATM手数料が無料になります。

・振込手数料を無料にするサービスがあります。

もちろんネットバンクのみでは、日常生活に支障をきたすことがあります。給与の振込先などで困ることがありますので、大手の銀行とネットバンクを使い分けることが必要です。

私は、三菱東京UFJ銀行とSBI銀行を主に利用しています。給与振り込みやカードなどの引き落とし口座として、三菱東京UFJ銀行を利用しています。時々、UFJ銀行からSBI銀行にお金を移動し、SBI銀行の定期・普通預金を利用したり、特に振り込みはSBI銀行から無料で行っています。

SBI銀行と楽天銀行がおすすめ

ネットバンクならSBI銀行か楽天銀行をおすすめします。本格的な資産運用を行うには、証券会社の口座開設が必要になりますので、証券会社とセットで開設しましょう。

次の2パターンをおすすめします。

①楽天銀行 + 楽天証券

②SBI銀行+SBI証券

楽天市場などの楽天のユーザーと米国株(米国ETF)への投資を考えていない人には、①をおすすめします。SBI銀行+証券の方が楽天銀行+証券よりも規模は大きいのですが、最近は楽天の方が勢いがあります。しかも、楽天銀行の預金金利はSBI銀行よりも高いことが多いです。

米国株(米国ETF)へ投資を行う可能性がある方は、②をおすすめします。SBI銀行+証券の方が、米ドルの為替手数料が安いからです。また、振り込みの多い人は、SBI銀行の手数料体系の方が有利になりそうです。

ネットバンクですので、セキュリティのリスクはありますので、その点だけは注意して利用してくださいね!

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.