家計簿は絶対につけたほうがいい!そして家計簿を習慣にしよう。

私は、医師でそれなりの給料をいただいていますが、家計簿をつけています。

私にとって家計簿は趣味であり生きがいであり習慣です。

家計簿を習慣にできたのは、3年ほど前だと思います。そのころは、手書きで家計簿をつけていました。細野さんの家計ノートを使っていました。一口メモが勉強になりました。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)

家計簿を習慣にしよう

家計簿をつける理由は、

・家計の収支を把握する

・自分のお金の使い方の癖をしる

・減らせる支出を発見する

この3つが大事です。

家計簿をつけなくても家計管理はできるという意見もありますが、絶対無理です。私にはとてもできません。

家計簿をつける⇒減らせる支出を発見する⇒実際に減らす⇒次の月の家計簿で効果を確認する

このサイクルを回し続けることが重要です。

そして家計簿の記録ができると、去年やおととしの家計と比較することができます。比較できるととっても楽しいですよ!

・収入がどれだけ増えたか?

・配当がどれだけ増えたか?

・どのような支出が減ったのか?

・格安SIMでかなり通信費が減ったこと

このように家計簿を眺めると、家計管理の能力がどれだけ上がったかを知ることができます。

私は家計簿アプリのマネーフォワードを利用して、家計簿を自動的に作成しています。マネーフォワードはとても便利な家計簿ソフトなのでぜひ利用してみて下さい。

家計簿をつければつけるほど、家計管理が上手になります。もちろん家計簿を見返して、家計を反省することを忘れずに!

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.