赤字目的の都内マンション投資はおすすめできない。

インデックス投資家さんから、不動産目的に都内のマンションを購入したいというコメント(相談)がきました。

私は都内のワンルームマンションを保有しているので、この相談にお答えしてみようと思います。私の不動産投資のレベルはかなり低いと自覚していますが、この購入だけは止めなければならないと思い、記事を書いてみます。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)

赤字目的の都内マンション投資

なはなはさんからのコメントを引用します。

いつも拝見させていただいております。
乗り遅れた感がありますが、節税に興味を持ち、昨年からiDeco、今年からインデックスファンド投資を始めた者です。
フクリさんと同じように、不動産投資にも興味を持っております。頑張って収入を増やしても税金が数百万円かかる現状に辟易し、節税のために都内のマンションを購入してもよいのかな、と思い始めています。
先日、G◯technologiesという会社の面談を受けてきたのですが、空き室リスクはあるものの、赤字申告することで毎年100万円以上の節税が可能であるという話を聞いてきたのですが、フクリさんは不動産を購入するにあたっては個人で購入されたのでしょうか?
空き室リスクや将来的な家賃値下げなども心配でなかなか踏み切れないでいますが、不動産投資を決心されたポイントについて、今後記事にしていただけると幸いです。

昨年からiDeCo、今年からインデックスファンド投資を始めたそうですね。素晴らしいと思いますし、ぜひ長く続けていきましょう。いつ始めてもいいのがインデックス投資なので、ぜんぜん乗り遅れていませんよ。

では、不動産投資に関してです。

最初にも書きましたが、私の不動産投資のレベルは低いです。ですが、都内にマンションを保有している実体験をもとにお答えしてみます。

まず、面談を受けた会社のホームページを見て、気になったことをいくつか書いてみます。

①テクノロジーやITサービスをアピールしすぎている。データやテクノロジーはもちろん重要ですが、全面に押し出しすぎている印象を受けました。

②得意とする投資対象を明確にしていない。具体性がないこと、つまり投資する物件がイメージできないです。

③賃貸管理サービスが月額一律1,080円と書いてありますが、この価格は無理があります。十分なサービスを提供できないことや、どこかで余計にお金がかかるのではないかと不安に感じます。

でも最も大きな不安点は、面談の内容です。

「赤字申告することで毎年100万円以上の節税」という投資は、都内の不動産投資ではやめたほうがいいでしょう。

都内でマンション投資をするのであれば、駅に近い躯体のしっかりしたマンションを保有しましょう。そのようなマンションでは、赤字申告できるのはたくさんの経費のかかる1年目だけです。2年目からは黒字になってしまいますし、そうならなければおかしいのです。

また、面談で紹介された不動産は、毎月のキャッシュフローがマイナスではなかったでしょうか。私の保有しているマンションのキャッシュフローはわずかにプラスですが、不動産を保有しているとわずかでもキャッシュフローがプラスになっていることが、心の支えになっています。

私も空室リスクと家賃の値下げを重大に考えていましたが、私のお付き合いしている不動産会社ではそのリスクを抑えてくれています。だからこそ、その不動産会社と取引しました。

私はG◯technologiesという会社との取引はやめたほうがいいと思います。失敗する可能性がかなり高いと思います。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.