【正直不動産】もしも不動産屋が正直にセールスしたら物件は売れるのか。

正直不動産というコミックが面白かったのでレビューします。

原案の夏原武さんは、「クロサギ」の原案も担当していました。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)

もしも不動産屋が正直にセールスしたら物件は売れるのか

正直不動産の内容はこちら。

不動産業界の闇を曝け出す皮肉喜劇!!
営業に必要なこと以外、客に見せも教えもしないーー
そんな不動産業界に前代未聞の爆弾が、いま炸裂する!!
登坂不動産のエース営業マン・永瀬財地は
嘘を厭わぬ口八丁で売り上げNO.1を叩き出す凄腕だった。
だが、とある地鎮祭で石碑を壊して以来、
嘘が上手くつけなくなってしまった…!!
千三つと言われる海千山千の不動産業界で
かつての成績が一気に低下する中、
永瀬は、嘘が上手くつけない正直営業で苦戦するが…!?
不動産屋の裏側を全部ぶっちゃけちゃうニュー・ヒーロー、誕生。

客に情報を隠して、トップセールスを築いている主人公が、「祟り」のために嘘をつけなくなってしまいました。

女性関係など派手に生活をしていた主人公は、嘘をつかない営業で不動産を売ることができるのでしょうか。

さらに、主人公と同じように営業を行うライバルも登場して、大ピンチになります。

不動産を正直に売ることでお客さんからの評価は上がりますが、会社からの評価はがた落ちです。再びトップの営業成績をあげられるようになるのでしょうか?

「やられたらやり返す、倍返しだ!!」でブームになった半沢直樹の不動産バージョンのような物語です。とても面白いですし、不動産の基本を知ることもできます。

不動産投資はやらないにしても、私たちは不動産と付き合っていかなければなりません。

不動産会社に騙されないように、不動産への知識を学ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. コヤマン より:

    いつも参考にさせていただいてます。

    私は地方在住でアパートを所有している者ですが、不動産事業をするにあたってこれは読んでいた方が良いという本があればご紹介してもらえないでしょうか?

    私の場合、親と相続対策で法人を設立しアパートを建てたのですが、最近、不動産はペーパーアセットとは違い一つの事業だと実感しています。
    新築当初は入居や修繕の心配がなかったため、これは良いと感じていましたが、築年数がたち周辺物件との競争や修繕費の発生、フルローンだったために借入返済、減価償却、納税、キャッシュフローの関係などいろいろと悩ましいこともある状態です。
    学ばなければならない事がたくさんあるとは思うのですが、どこから手をつけたものかと思案してました。

    • FUKURI777 より:

      コヤマンさん、コメントありがとうございます。
      記事として返答させていただきましたが、投資手法が異なりますのでアドバイスはできません。
      一冊だけ本をご紹介しました。ぜひこちらをお読みください。

      http://etf-investment.com/real-estate/yuumeiooya/

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.