スマートデイズ・スルガ銀行問題を考えてみる

女性専用シェアハウスの「かぼちゃの馬車」の問題が少しずつ大きくなってきました。

これは、スマートデイズという会社が、サラリーマン(多くは40代~50代)を中心に、女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」という不動産事業を仲介していたことから始まります。

問題点は、家賃保証(サブリース)をしていたのですが、入居者が集まらずお金がなくなってしまい、家賃保証ができなくなってしまいました。

さらに、建築したシェアハウスの質も悪く、転用しにくいようです。人によっては1億円ほどのスルガ銀行の高金利のローンを組んでおり、完全に終わった状況になっています。

スルガ銀行の融資にも問題があって、立ち入り検査まで行われています。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)

投資のリスクを考えてから投資をしよう!

かぼちゃの馬車のオーナーたちは、ほとんどが投資の素人だったのでしょう。成功するかよくわからない事業に、自分でコントロールできなくなる大金を投資してしまいました。

不動産事業は、銀行からローンをひいて、他人のお金で利益を生み出すことが基本になります。そして。最初に小さな物件しか買えない投資家は、いつまでたっても小さな物件しか買わないという格言もあります。

不動産投資で大成功するのであれば、多額の借金をして高い利回りで物件をどんどん増やしていくことが重要です。私は、少額の借金をして、低い利回りでゆっくりゆっくり物件を増やしていく作戦です。

はっきり言ってしまえば、自己資金がそれほどない投資家が、1億円の物件など買ってはいけません。失敗したら、人生が終わります。

このような投資をする場合、失敗しても自分の給料や資産でなんとかできる投資金額にしておくことが重要だと思います。

・投資で夢を追いすぎない

・失敗したときのことを想定しておく

・自分がカモにされていないか疑う

この3点が重要なのではないでしょうか。

このような投資をしないために、インデックス投資で投資のイロハを学ぶことをおすすめします。私はインデックス投資をすることで、投資の基礎的な知識や態度を学ぶことができました。不動産投資にもインデックス投資の考えを生かせていると思っています。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.