インデックス投資とはどのような投資でしょうか?

日本人は投資に対して、「危険なこと」「運が良ければ大金持ちになれる」という2つのイメージを持っています。バブル経済とそれに続く株価の長期低迷があり、日本人は株式投資を危険なことと考えています。

書店には短期間で大金を稼いだ投資家の本がならび、危険なことだけど運が良ければ大金持ちになれるというイメージも持っています。しかし、投資には「ゆっくりと少しずつ比較的安全にできる投資」があります。それがインデックス投資です。最近は、「iDeCo」や「つみたてNISA」などの金融制度があり、インデックス投資の重要性が増しています。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)

インデックス投資とは?

インデックス投資とは、TOPIXや日経平均などの株式や債券の指標に投資をする方法です。簡単に言ってしまえば、TOPIXや日経平均という会社に投資をするようなものです。なぜ、指標に投資をするのでしょうか?

株式投資ではTOYOTAや楽天などのような会社に投資をすることが一般的です。このような投資(個別株投資)は、会社の分析をしなければなりません。この会社の分析には正解がなく、プロでも難しいものです。その分析が間違っていれば会社が倒産して、大損する可能性があります。

しかも個別株投資に成功するためには、強いメンタルが必要になります。株価に動揺しない精神力が必須であり、株式投資で最も大事なことはメンタルだと私は思っています。少し変な人が株式投資に成功するのではないでしょうか。でも大丈夫、普通の人にできる投資があります。それがインデックス投資です。

インデックス投資で指標に投資をするというのはどういうことでしょうか?私は、国に投資をすることだと思っています。TOPIXに投資をすることは、日本に投資をすることだと思っています。株式や債券の指標はたくさんあり、例えばアメリカやドイツなどの先進国の株式の指標であるMSCIコクサイに投資をすれば、世界中の先進国に投資をすることができます。もちろん中国やインドなどの新興国全体の株式にも投資ができます。債券にも投資をすることができますし、不動産にも投資をすることができます。

過去のデータでは、株式も債券も価値は上昇し続けています。暴落した時も何度かありましたが、必ず価値は戻りさらに上昇しています。長期で世界中の株式や債券に投資をすれば、資産を増やせる確率はかなり高いのです。そのため、個別の企業に人生をかけるよりも、世界中の企業に人生をかけるべきだと思っています。一攫千金を目指すのであれば、個別の企業に人生をかけて下さいね!

インデックスファンドは、低コストで世界中の株式や債券に投資することができ、企業の倒産などの心配がほとんどありません。また、企業の分析が必要ないので、投資に時間や労力をかけなくても投資ができます。そして弱いメンタルでも投資で資産を増やすことができます。

ゆっくりと少しずつ堅実に投資をしたいのであれば、インデックス投資がおすすめです。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.