インデックス投資におすすめの証券会社を紹介します。

アセットロケーションやアセットアロケーションなどの記事を書きましたが、インデックス投資では証券会社の選び方も重要なポイントです。さらには、証券会社には特定の銀行が紐づけされていることが多く、銀行と証券会社のセットで選びましょう。

ある証券会社が新しいサービスや手数料の値下げを行うと、他の証券会社も真似てしまうため、似たようなサービスや手数料体系になっています。私なりにあなたにピッタリ合う証券会社を紹介してみようと思います。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)

インデックス投資におすすめの証券会社

選ぶべき証券会社は、SBI証券もしくは楽天証券です。このどちらかを選べば間違いありませんし、サービスや手数料はほとんど同じです。この二つのどちらを選ぶかですが、いくつかのタイプに分けておすすめしたいと思います。それから、SBI証券を利用するのであればSBI銀行を、楽天証券を利用するのであれば楽天銀行を利用しましょう。

楽天証券とSBI証券の大きな違いは、楽天証券は(期間限定ではない)楽天スーパーポイントで投資信託を購入できることと、SBI証券は為替手数料が安いことです。

①海外ETFを利用せず、投資信託でインデックス投資をする場合

⇒楽天証券でもSBI証券でも変わりなしです。

②海外ETFを利用してインデックス投資をする場合

⇒SBI証券がおすすめです。SBI銀行で米ドルを購入すると、安く米ドルを仕入れることができます。

③私のように楽天市場中毒者の場合

⇒楽天証券がおすすめです。使い切れない楽天スーパーポイントで、投資信託を購入しましょう。

④国内ETFでインデックス投資をする場合

⇒SBI証券でも楽天証券でも変わりなしです。

フクリの利用状況

私はSBI証券のみを利用してきましたが、つみたてNISAは楽天証券を利用したかったので、2018年から楽天証券の利用も開始しました。

・海外ETFを買い付ける特定口座

⇒SBI証券(+SBI銀行)

・海外ETFを買い付けるNISA口座(夫名義)

⇒SBI証券(+SBI銀行)

・確定拠出年金(iDeCo)

⇒SBI証券

・つみたてNISA(妻名義)

⇒楽天証券(+楽天銀行)

SBI証券は為替手数料が有利ですが、楽天証券は楽天全体のサービスを利用している方にはメリットがあります。個人的に、楽天証券はいつかSBI証券を超える日がくるのかなと予想しています。SBI証券と楽天証券で迷われるのであれば、楽天証券をおすすめしておきます。ただ、海外ETFを利用するのであれば、SBI証券が絶対におすすめです。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.