資産運用の原理とは?

前回の記事では、資産運用の必要性についてを考えてみました。よほど高収入でなければ、資産を形成しようという考えを持っていなければ、資産は増えないと思います。貯金も、貯金しようと思わなければ、お金は貯まらないはずです。

なぜ資産運用をしなければならないのか?
『フクリの誰でもできる堅実な資産運用方法』というシリーズを書いていきたいと思います。まずは、プロローグとして資産運用の出発点を書いてみます。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)

資産運用の原理

資産運用の原理は、「家計の黒字を預金と投資で増やしていく!」ことです。

資産運用は、かなりアバウトな式になりますが計算式にすると、

(家計の黒字額 + 配当・利息・家賃収入などの利益)×投資でのリターン×(寿命-年齢)

を毎年、積み上げていくことです。

資産運用の計算式の各要素を大きくすれば、資産も必ず大きくなります。

資産を大きくする要素

①家計の黒字額を大きくする。

・収入を増やす

・支出を減らす

・節税をする

②配当・利息・家賃収入などの利益を大きくする

・株式・ETFの保有数を増やす

・不動産を保有する

③投資でのリターンを上げる

・買い付け手数料や維持に関わるコストを減らす

・長期で続けられる堅実な投資法を選択する

④寿命をのばす

・健康な生活・適度な運動をする

・たばこは絶対にダメ!!

大まかな資産を大きくする要素は上記の通りになります。この要素を大きくできるように、日々の行動や習慣を少しずつ変えていきましょう。私はこれらのことを常に意識しながら、生活しています。

短期で資産を形成する方法など、残念ながら存在しません。インターネットのどこを探してもそんな方法など見つかりません。私も資産運用を始める頃は、隅々までインターネットを検索しましたが、見つかりませんでした。

資産というのは、少しずつ大きくしていくものです。最初のころは、小さな資産に心が折れそうになる時もあります。無駄な努力をしているのではないかと悩むときもあります。きっと、みんなそうです。ですが、少しずつでも継続していれば、必ずお金は増えます。正しい考えでお金と付き合えば、お金は確実に増えます。お金に裏切られることは絶対にありません。

お金とは正しい付き合いをしていきましょう。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.