ギリシャやプエルトリコのデフォルトで株価が下がっても、臨時の追加投資はおすすめしない。

Startup Stock Photos

「お金への欲望」がきっかけで、何度か投資方針を破ってきました。そのために、本来ならば得られたはずの投資の利益を失いました。

自省の意味もこめて、投資情報を遮断していますという記事を先日、書きました。

投資方針を守るために、投資情報や個別株式の情報を遮断しています。
私はインデックス投資家であり、インデックス投資ブロガーですが、過去に2回も個別株投資に浮気をしました。 個別株投資から完全撤退したのが5月末のことです。 完全撤退してから、株価をほ...

私は、日経平均やTOPIX、そしてダウ平均などの株価情報すら知りたくないと思っていますが、どうしてもギリシャのデフォルト危機のニュースは見てしまいます。

そして、ギリシャはデフォルト寸前ですが、なんとプエルトリコがデフォルトしたみたいですね。どうでもいいニュースですね。

ギリシャのデフォルトのような世界の株価に影響を与えるバッドニュースがあると、臨時投資をしたくて落ち着かなくなる投資家が出てきます。数年前の私がまさにそのような状態でした。

・株価が安いか高いかを判断することは難しい。

・ちょっと臨時投資したぐらいでは、未来に手にする利益にたいした影響は与えない。

・臨時投資をするタイミングを狙うと、投資への欲が出てくる。

上記の理由があるため、私は臨時投資(スポット投資)をすすめません。

投資への欲が少しでも出てくると、投資行動に変化をもたらすので注意が必要です。

「相場が上がってもうれしい、下がってもうれしい。」という格言があります。

この格言の意味は、相場が上がれば金融資産が増えるのでうれしい。相場が下がれば、株式・債券を安く買えるのでうれしいということです。

私はこの格言に付け足しておきたいと思います。

「上がってもうれしい、下がってもうれしい。しかし、上がっても下がっても、なにもしない。」

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメント

  1. たんたん より:

    なにもしない、いい教訓ですね。私もそう思います、投資は欲との戦いです。欲も頑張りますからね。

    • FUKURI777 より:

      最近は、「なにもしない」を心がけています。欲はリターンを下げると思っています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.