SBI証券で外国税額控除をするために準備しておくことは?

海外ETFへの投資の最大のデメリットは、確定申告をして二重にとられた税金を取り戻すこと(外国税額控除の申告)ではないでしょうか?医師は複数の勤務先から給与を得ていることが多いので、確定申告のハードルは低めです。ですが、確定申告をする必要のない投資家にとっては、この外国税額控除はとっつきにくいのではないでしょうか。

私は、マネックス証券で海外ETF投資をしてきましたが、今年からSBI証券に海外ETFを移管しましたので、SBI証券の書類を利用して外国税額控除を申請しなければなりません。ちょっと不安がありますが、投資のリターンを上げるためにしっかりと国からお金を取り戻そうと思います。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)

「特定口座年間取引報告書」があれば大丈夫!!

ブログにこのような質問が送られてきました。メッセージをいただきありがとうございました。それではお答えさせていただきます。

「外国税額控除について」

いつも興味深く拝見させてもらっております。
標題の件ですが、よく他のブロガーさんでも取り上げているのですが、具体的に何を準備して、どうすればいいのかを記載しているのは見かけないように思えます。(特定口座対応になってからキャプチャ等で記載のものは見つけられませんでした)
特にSBI証券(楽天証券)では具体的にどのような作業が必要で、どう税務署で行えば良いか、ブログでまとめていただけると幸いです。
お手数ですが、ご思案いただけますようお願い致します。
以上です。宜しくお願いします。

ご丁寧な文章をありがとうございます。SBI証券の書類を利用した初めての申請になりますのですが、基本は変わらないと思いますのでお答えさせていただきます。実際の確定申告書への入力は、後日、記事にしたいと思います。

今回は、準備に関してです。準備といっても、書類を一つだけ大事に保管しておけば大丈夫です。その書類とは、「特定口座年間取引報告書」です。SBI証券を利用しているのであれば、このようなメッセージを受け取っていないでしょうか?

【重要】「特定口座年間取引報告書」の交付時期と交付に伴う事前の確認のお願い
重要なお知らせ

本重要なお知らせは特定口座を開設されているお客さまにお送りいたしております。

平素は、SBI証券に格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、下記のいずれかに該当されるお客さまに、今年1年間(受渡日ベースで1月1日から12月31日まで)の、特定口座預りの譲渡等を記載した「特定口座年間取引報告書」をお客さまのご登録のご住所(税法上2018年1月1日現在の登録住所)に、2018年1月中旬以降順次、発送する予定です。

なお、確定申告等で「特定口座年間取引報告書」をご利用いただく場合、当社からご郵送する書面の添付が必要となります。電子的に交付された「特定口座年間取引報告書」はご利用いただけませんのでご注意ください。郵送にてのお受取りをご希望の場合、2017年12月29日(金)17:00までに、当社WEBサイト「口座管理」>「電子交付書面」画面の指定交付方法欄にて、郵送でお受取りいただくお申し込みをお願いいたします。
【「特定口座年間取引報告書」を郵送でお受取りいただけるお客さま】
・2017年12月29日(金)17:00時点で、「特定口座年間取引報告書等」の指定交付方法が「郵送」かつ、特定口座の源泉徴収区分が「源泉徴収あり」を選択されているお客さま
※電子交付の指定交付方法の確認は当社WEBサイト「口座管理」>「電子交付書面」画面の指定交付方法欄にてご確認いただけます。
・特定口座の源泉徴収区分が「源泉徴収なし」を選択されているお客さま(「特定口座年間取引報告書等」の指定交付方法が電子交付であっても郵送いたします)
※源泉徴収区分は当社WEBサイト「口座管理」>「口座サマリー」画面や、お客さま情報設定・変更画面の「お取引関連・口座情報」>「特定口座」欄にてご確認いただけます。
また、お客さまへの「特定口座年間取引報告書等」の発送は2018年1月1日現在の当社登録住所となります。現在のお住まいがご登録住所から転居されている場合には、転居先不明により発送停止や発送となっても郵便物が届かない場合がございますので、2017年12月末までに住所変更等のお手続きが完了するように、変更のお手続きをお願いいたします。
お客さまのご登録内容は、下記「『登録情報』確認はこちら」よりご覧いただけます。
ご登録情報に変更がない場合、または本通知と行き違いにて既にご変更いただいておりました節は、失礼の段、何とぞご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。

この「特定口座年間取引報告書」だけ保管しておけば、税額控除の申請はできるはずです。マネックス証券の時は、これだけで簡単に申告していました。この書類から数値を転記すればいいだけなので、あまり不安に思わないいいのかなと思います。

まずは、この書類を大事に保管しておいてください。確定申告シーズン前には、私なりの申告の方法を記事にさせていただきます。もちろん、私は税理士ではないので、100%正しい方法を記事にすることができませんので、最終的には自己責任でよろしくお願いいたします。

悪意のない間違いであれば税務署から指摘された時に修正すればよいと思っていますし、脱税にはならないはずです。ですが、なるべく正しい申告をして、しっかり税金を取り戻しましょう。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.