2018年4月のiDeCo投資経過。投資成績は上向いた?

iDeCoはインデックス投資と節税が一度にできてしまう、一石二鳥のシステムです。私は、月に2万3千円ずつ、先進国の株式()に積み立て投資をしています。

しかも、この2万3千円は所得から控除されますので、私の場合は月に9千円ほどの節税になっています。年間に約11万円の節税ができてしまいます。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)

2018年4月のiDeCo投資経過

2018年の投資成績は下のグラフのように、きれいにリターンが減少していました。しかし、今月は少し調子が良くなってきたようです。

投資のゴールは30年以上先のことなので、今の成績には一喜一憂しないようにしています。投資結果の記事を書くため、1か月に1度しかイデコのサイトにはログインしていません。

最近は、イデコを利用していることすら忘れています。

そして、相場が良い時も悪い時も積み立て投資を続けることで、最終的には利益が大きくなると信じています。

現在、含み益は70万円のプラスまで回復してきました。月に何十万円も含み益は変動していますが、メンタル面は特に影響を受けていません。

インデックス投資を7年ほど続けてきたので、お金が減る恐怖心はないです。何にも感じなくなってしまいました。

拠出金は315万円になり、節税額は約120万円ほどになります。含み益と合わせると、190万円以上の利益が出ています。

iDeCoは努力をしなくても、投資と節税が簡単にできてしまいます。まだ始めていない人は、なるべく早めに口座を開設しましょうね!

参考図書: 確定拠出年金の教科書

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.