『専業主婦は2億円損をする』を読んで、妻の才能を無駄遣いしていた自分の無能さに気付く

妻は専業主婦であることが最も幸せだと勘違いしていました。なんて愚かな男だったのでしょうか…..仕事というストレスフルな環境よりも、家事と育児だけの生活の方が幸せだと思っていました。

そんな私の固定観念を変えてくれたのが、橘玲 さんが書かれた『専業主婦は2億円損をする』という書籍でした。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)

『専業主婦は2億円損をする』を読んで

この本のポイントは、専業主婦という状態が先進国の人々からすると、とても異質な状態だということを知らなければならないという点です。専業主婦を否定するつもりは私もありませんが、専業主婦はニートに近い存在だと世界的(特に先進国)には思われるそうです。海外の人に「私の妻は専業主婦です」と話すと、理解されないそうです。

妻から聞いた話です。今日、ラーメン屋の隣の席で、有名企業の幹部と海外企業の幹部がランチミーティングを行っていたそうです。プライベートな話になり、日本人が私の妻は専業主婦なんですよと会話をふったら、海外企業の幹部は理解できなかったそうです。日本という社会はそうせざるを得ないのですと、日本人は答えたそうです。

橘さんが本当に言いたかったのは、専業主婦もいろいろな方法で社会に出ようよということだと思いました。そして、さらにお金まで稼ごうよと伝えたかったのかなと思います。

日本社会は子供を夫婦二人だけで育てていると、母親は働くことがとても困難です。しかも世帯年収が高い場合は、保育園などの行政サービスに全くアクセスできなくなるため、専業主婦にならざるをえません。我が家の場合も、妻が無理して働くよりも、私がちょっとアルバイトしてきた方が稼げます。そんな状況なので、妻にお金を稼いでもらおうなんて考えもしませんでした。

ですが、私の固定観念と社会のちょっとした障壁のために、私の妻が先進国の人々からニート扱いされたくないと思います。私の妻は、一流企業の内定を断ってまで、私と結婚する道を選択してくれました。おそらくとても有能な人材である妻には、子育てが落ち着いたところで何らかの形で働いてもらおうと思っています。そして、お金のためではなく、真に自立した女性として生きてもらおうと思いますし、それを最大限サポートしようと思います。

専業主婦を否定するつもりはありません。家事と育児はかなりの重労働ですし、主婦業をリスペクトしています。ただ、これからの時代は専業主婦という生き方はマイナーな存在になっていくと思いますし、日本社会も変わり始めていることを知りました。この本は、読む人によって感じるポイントが違ってくると思います。ぜひ、一度読まれてみることをおすすめします。この本を否定したいのであれば、ぜひ読まれてからにしてください。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.