【書評】稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?のレビュー記事です。

発売されたのは2010年、タイトルがキャッチ―でかなり売れてましたね。そのころの私は、どんな財布を使っても変わらないと思ってました。20代でしたので、お金はどんどん稼げばいいとイケイケでした。

しかし今の私は、金運上昇や風水などを大事にし、しかも神棚を家に作ろうとしています。そんな私にとって財布は最もこだわりをもつべきアイテムだと思います。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)

【書評】稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?

税理士の亀田潤一郎さんが書かれています。職業柄、お金持ちとの付き合いが多く、お金持ちの持つ財布を観察されたそうです。亀田さんはルイヴィトンのタイガの長財布を愛用されているようです。亀田さんも長財布にしたことをきっかけに、人生が好転されたそうです。

『財布の購入金額を200倍すると持ち主の年収になる』という法則があるそうです。私もその法則に当てはまりましたので、次はもっと値段の高い財布を購入しようかなと考えています。

フクリのハイライト

印象に残った部分を引用(一部改変)してみます。

長年稼ぎ続けている社長というのは、美しい財布を使っている。高級感のある、見た目もスマートな「長財布」がほとんど。経営が振るわない社長や資金繰りが杜撰な社長は、財布も美しくないものを使っている場合が多い。

財布にはその人の生き方が反映されている、とりわけ、お金に対する態度が表れている。

お金に好かれる人の財布はスリム。お金に好かれていない人の財布は、例外なく太っている。太った財布には、お金だけでなく、クレジットカードやポイントカード、領収書、レシート、縁起物などありとあらゆるものが詰め込まれている。

一日の終わりに必ず財布をチェックする。小銭もチェックして、500円玉は貯金箱へ、1円玉と5円玉は募金用のペットボトルなどに入れる。

お金に好かれている人たちは、たいていお札と小銭を別々に入れ、ふたつの財布を持ち歩いている。

最後に

著者が財布の話をしても、笑って受け流す人がいる一方で、人生を本気で行きたい、もっと人生をよくしたいと思っている人は、真剣に聞くそうです。真剣に聞いた人は、財布を変え、お金の接し方を変え、考え方を変えて、人生を好転させた人がいるそうです。

あなたはどうしますか?

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.