新興国株式を全売却。ポートフォリオはよりシンプルに!

インデックス投資歴は7年ほど。海外ETFへの投資を始めて約2年ほど経ちました。

現在の積み立て投資は、NISA口座で海外ETFのバンガード・トータル・ワールド・ストックETFを、イデコ(個人型確定拠出年金)でニッセイ外国株式インデックスファンドに行っています。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)

新興国株式を全売却

もともと海外ETFの積み立て投資を始めたころは、BNDやVWOなど多くの種類のETFに投資をしていました。しかし、ミニマリスト・シンプルライフに出会ったこともあり、投資をよりシンプルにより低コストにしたくなりました。

そのため、海外ETFはVTのみに投資を行うことにしました。インデックス投資を始めて7年ぐらいですが、ようやく自分にピッタリな投資方法を見つけられました。

しかし、新興国株式のバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)は売却せずに少量ですが保有していました。この少量の株式を管理する作業がだんだんと無駄に思えてきました。NISA口座での保有なので、利益が出ている今がチャンスとも思い、全売却しました。

利益が出てるから売却することは、あまり良い行動ではないとさんざん記事に書いてきました。今回の私の売却は、よりシンプルなポートフォリオにしたいという思いからです。売却額はVTへの投資に使いますので、変則的なリバランスのようなものです。

これでポートフォリオがかなりシンプルになりました。現在のポートフォリオは、50%がVTで残りの50%がニッセイ外国株式インデックスファンドです。これからVTへの投資に、さらに集中していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.