バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)がトランジション・インデックスへの移行を開始

nature-blue-park-green

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)がトランジション・インデックスへの移行を開始

私が投資している米国ETF『バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)』の変化が始まったというニュースです。

米国東部時間2015年11月2日の取引より、バンガード®・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)が、移行用インデックスであるFTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ中国A株トランジション・インデックスへの連動を開始します。今後、小型株と中国A株を段階的に組み入れていくことになります。

FTSEエマージング・インデックスからFTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ中国A株トランジション・インデックスへの移行は、今年6月に発表したVWOのベンチマーク変更の第一段階となります。短期的な銘柄入れ替えによる取引コストの上昇を避けるため、約1年に亘ってFTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ中国A株トランジション・インデックスが使用されます。既に組み入れられている大型・中型株を月次ベースで一定の割合ずつ売却し、移行用インデックスの組み入れ比率に基づき、中国A株と中国A株を除く小型株を組み入れていきます。移行完了後は最終的なベンチマークであるFTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)インデックス に連動します。

VWOの組成が変化していくグラフがこちらになります。

20151102-bar-chart

引用:バンガード社のサイトより

結局、VWOはどのように変わるのか?

①VWOは、ベンチマークをFTSEエマージング・インデックスからFTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)インデックスに変更します。ただし、急激なベンチマークの変更は望ましくないため、FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ中国A株トランジション・インデックスというインデックスに連動させることで、少しずつVWOを変化させていきますよ!ということです。

②最終的に、新興国の小型株と中国A株をVWOに組み入れていき、より広い新興国株式への分散投資ができるようになります。

③コストは変化しないそうです。

投資している金融商品が改良されていくことは、投資のリターンに結びつく可能性があるのでうれしいですね。特に中国株は気になる存在なので、自分のポートフォリオにおける中国株の増加を歓迎したいと思います。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.