マネックス証券で、米国株用の外貨で米ドルMMFの購入が可能に!米国株からの配当金を有効活用できます!

pexels-photo (1)

マネックス証券で米国株(米国ETFを含む)を保有している方に朗報です。

なんと米国株のための米ドルや米国株の配当の米ドルで、米ドルMMFを購入できるようになりました。今までは、配当や買い付けた米ドルは投資しない限りは、そのままにしておくしかありませんでした。

ですが、これからは米ドルMMFに投資ができるようになり、0.3%ほどの利回りを得られるようになります。

マネックス証券ホームページより

米国株、米ドル建てMMF/債券投資をされているお客様へ 外国株取引口座⇔証券総合取引口座 外貨振替(米ドル)

この度、お客様からのご要望にお応えし、外国株取引口座と証券総合取引口座間の米ドルの振替機能を実現しました!
これにより、米国株用の外貨お預り金(米ドル)と米ドル建てMMF/債券用の外貨お預り金(米ドル)が振替可能となり、お取引が便利になります。
米国株、米ドル建てMMF/債券投資をされているお客様、検討されているお客様はぜひご利用ください。

今回追加される振替機能

米ドル建てMMF/債券用の米ドルと米国株用の米ドルの振替が可能になりましたので、これまで必要だった円貨への為替振替→口座間の円貨振替→米ドルへの為替振替という振替の手続きが不要になります。

米ドルMMF買い付けまでの流れ

すでに私はこの方法で、米ドルMMFを買い付けできました!

①まず、ログインすると、画面上部にこのバーがあります。

1

この入出金ボタンをクリックします。

②入出金ボタンをクリックすると、画面が切り替わります。切り替わったページの中ほどに、外国株取引(米ドル)があります。下の赤の楕円で囲まれている振替(外国株取引)をクリックしてください。

2

③次のページで外国株取引口座→お預かり金(外貨)にチェックをずらし、振替金額を入力したら完了です。私はすでに振替をしていますので、振替可能額は0.00米ドルになっています。

3

④振替を終了したら、米ドルMMFを購入しましょう。最初の画面に戻り、投資信託・外貨建てMMFにカーソルを合わせます。外貨建てMMFが選べますので、クリックしましょう。

4

⑤日興MMFUSDの予約購入をクリックして、あとは指示通りに入力していきましょう。

5

私は、マネックス証券で米国ETFを購入していましたが、2016年からは米国ETFをSBI証券のNISA口座で購入することにしました。

2016年はSBI証券のNISA口座で海外ETFを購入します!
2015年より、インデックス投資信託のみでなく、米国ETFへの投資も開始しました。 米国ETFを少額ずつ積み立てするために、マネックス証券を利用していました。マネックス証券の手数料体系は、少額ずつの米国...

米国ETFからの分配金がマネックス証券で溜まりますので、分配金はしっかりと米ドルMMFへ投資していこうと思っています。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.