4本のバンガードETF(VWO、VEA、VGK、VPL)に小型株が加わり、分散効果がさらに拡大

school-colorful-colourful-colors

バンガード社のETFが、さらに分散効果を高めたというニュースが発表されました。

バンガードのETFを主力にした資産形成をしようとしていますので、コストを下げるだけではなく商品の質を高めようとするバンガードの姿勢はとてもうれしいです。

4本のバンガードETF(VWO、VEA、VGK、VPL)に小型株が加わり、分散効果がさらに拡大
~世界最大の新興国ETFであるVWOには中国A株も追加~

2015年6月3日(東京): 米国ザ・バンガード・グループ・インクは米国東部時間2015年6月2日付で、国際株式指数に連動する4本のバンガードETF™に小型株を加えるとともに、バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)に中国A株を、バンガード・FTSE先進国市場(除く北米)ETF(VEA)にはカナダ株式の組み入れを開始すると発表しました。

小型株の組み入れを開始する銘柄は以下4本です。

  • バンガード®・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)
  • バンガード・FTSE先進国市場(除く北米)ETF(VEA)
  • バンガード・FTSE・ヨーロッパETF(VGK)
  • バンガード・FTSE・パシフィックETF(VPL)

更に、バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)に中国A株を組み入れることで、分散投資の対象を拡大します。これにより、中国本土の上場企業を含む、幅広い時価総額加重インデックスに連動するETFが初めて誕生することになります。

そして、バンガード・FTSE先進国市場(除く北米)ETF(VEA)にはカナダ株式を組み入れます。なお、今回のベンチマーク変更に伴い、ベンチマーク変更後は当ETFの日本語名称を、バンガード・FTSE先進国市場(除く北米)ETFから、バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETFに変更します。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン代表取締役のディビッド・サーマックは、「小型株の追加により、各ETFは、その市場の時価総額加重平均により近づきます。投資家の皆さまにとって長期的に大きなメリットになると判断したため、今回変更することになりました」と述べています。

4本のETFは、中・大型株で構成されるインデックスから、大・中・小型株で構成されるFTSEオールキャップ・インデックスに移行します。新たなベンチマークに基づく各ETF小型株の組入比率は約10%となります。4本のETFの直近の目論見書による経費率は0.09~0.15%ですが、今回の変更による経費率への影響はありません。

(バンガード社のサイトより抜粋引用)

この変更がリターンを高めるのかどうかは、現時点では判断できません。

ただし、コスト(経費率)を変更せずに、分散投資を拡大できることは良いと考えます。

これからも、どんどんコストを下げつつ質を高めていって欲しいと思います。

そろそろ、VWOにも投資しなければ…….でもドルが高い…….

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.