ちょっとした円安に安心してしまうインデックス投資家

pexels-photo-194749

1ドル100円を下回りそうな流れだったのに、いつの間にか円安方向(1ドル104円)になってますね。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

(yahoo financeより引用)

インデックス投資家は国際分散投資を好むので、為替で運用成績が大きく変動します。まだまだ資産規模の小さい私でも、10万円単位でリターンが変動しています。

インデックス投資家であるのなら、国際分散投資をしているのであれば、為替リスクは受け入れましょうというのが私の持論です。

為替リスクは管理するより受け入れる。
こちらの記事を読んで、久しぶりに為替リスクに関して考えてみました。 参考リンク: 為替リスク管理について考える 日本人の投資家は、円建ての資産の保有割合が多いとよく言われます。通貨も分散投資が必要...

1ドル100円が104円になるのは、ちょっとした円安で気にすることはありません。この程度で、一喜一憂してはいけないと思うのです。でも、この程度の円安で安心してしまうインデックス投資家がいます。

その投資家は、フクリ(私)です。

すいません……安心してしまいました。まだまだ、インデックス投資家としてのレベルも経験も低いなと実感しました。 インデックス投資家としての、精神の鍛錬が足りなかったようです。

インデックス投資は、相場の状況に左右されずに、淡々と投資を続けていくことが最も大事です。ですが、人間ですから、相場の状況でメンタルが変化してしまう可能性があります。メンタルの変化が起こった時は、冷静に自分を分析しなおしましょう。何が原因なのか、自分がどのような弱さを持っているのか、分析してみましょう。

相場の変化が起こった場合は、自分を見つめなおす良い機会だと思いますよ。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.