海外ETFへの投資を始めて4か月での分配金報告。日本国債とSBI債の利息もあわせて。

food

海外ETFへの投資を始めてから4か月がたちました。4か月経過時点での分配金の報告です。

まず私の積み立て投資先はこちらになります。この表に従って、投資を行っております。

積み立て方法

この中で分配金もしくは利息が発生するのが、

・TOPIX連動型上場投資信託【1306】

・VWO: バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF

・BND: バンガード・米国トータル債券市場ETF

・BNDX: バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF

・VWOB:バンガード・米ドル建て新興国政府債券ETF

になります。

さらに、日本国債(個人向け変動10年)とSBI債を保有しています。

課税されてしまう分配金は資産運用にとってあまり良くないのですが、私は分配金を大事にしています。その理由に関してはこちらの記事をお読みください。

本多静六の四分の一貯金法をインデックス投資に適応させるには?
私が海外ETF投資を決意した理由の一つが、本多静六先生の実践した「四分の一貯金法」でした。 なぜ、「四分の一貯金法」を実践するために海外ETFを利用することにしたのか記事にしたいと思います。 ...

それでは現在までの分配金(利息)です。

日時 BND 株数 BNDX 株数 VWO 株数 VWOB 株数
2015.6 1.2 10 0.56 15 0 0 0 0
2015.7 1.19 10 0.68 15 5.55 20 2.12 10
2015.8 1.23 10 0.56 15 0 20 2.13 10
2015.9 1.23 10 1.25 30 0 20 2.19 10
合計 4.85ドル 3.05ドル 5.55ドル 6.44ドル
1306 株数 SBI債 日本国債
2015.6 0 10 0 0
2015.7 0 20 0 0
2015.8 460 30 0 0
2015.9 0 40 1140 813
合計 460円 1140円 813円

1ドル120円で2015/9/18の時点での評価額を計算しますと、

BND 10株は    81.62 ×   10  =  816.2ドル   (97944円)

BNDX 15株は  52.91 ×   15  =  793.65ドル (95238円)

VWO 20株は   34.85 ×   20  =  697.0ドル   (83640円)

VWOB 10株は 75.80 ×   10  =  758.0ドル   (90960円)

1306 20株は   1490 ×  20  =29800円

SBI債は20万円、日本国債は約100万円ほどです。

まだまだインデックス投資にかけているお金も、そこから得られる分配金や利息も小さいです。焦らずコツコツと投資を続けていきます。

30年後にはきっとこの分配金も複利でかなり増えていると思われます。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.