ハワイウォーターを解約してかなりの固定費削減。ハワイウォーターの費用を再考。

water-kitchen-black-design

おしゃれなウォーターサーバーといえば、「ハワイウォーター」です。ハワイで採取された安全なお水です。とてもおいしいです。

こんなデザインのウォーターサーバーです。

feature_img_07

我が家は福島原発事故後から、内部被爆対策にハワイウォーターを利用していました。東京電力にハワイウォーターの費用を請求したいぐらいですが、もちろんできませんので、高い水を買い続けてきました。

でも節約のために、市販の西日本のミネラルウオーターを購入しようということになり、ハワイウォーターは解約することにしました。

ハワイウォーターにかかる費用

ハワイウォーターのコスト(税込)は以下の通りになります。

ウォーターサーバー代  617円/毎月

水代

ハワイウォーターには2種類の大きさのボトルがあります。

18.9Lボトル(特徴:重いが容器は返却するので、エコ!)

2462円/本⇒130円/L

8Lボトル(特徴:軽いが容器は使い捨て。18.9Lボトルより割高。3本単位の注文。)

1188円/本⇒148円/L

我が家の、ある月のハワイウォーターにかかったお金は、7745円です。

ウォーターサーバー代+8Lボトル6本です。

平均して月に使用するハワイウォーターの水量は、8Lボトルで4本になります。

ハワイウォーターを解約することで削減できる固定費

月に32Lのハワイウォーターを使用する場合。ウォーターサーバーの電気代がかなりかかりますが、計算からは外しています。

ウォーターサーバー代  617円/毎月

ボトル代(水代)  1188円×4本=4752円

合計 5369円

スーパーでミネラルウォーターを購入する場合(近所のスーパーで西日本のミネラルウォーターは、35円/Lで販売されています)。

ミネラルウォーター代 32L×35円/L=1120円

合計 1120円

そうすると、ハワイウォーターを解約して節約できた固定費は、

(ハワイウォーター)5369円ー(市販のミネラルウォーター)1120円=4249円になります。

1年間に換算すると、4249円/月×12ヵ月=50988円になりました。

年間で5万円の節約ができたことになります。でも、ペットボトルを廃棄しなければいけないので、心が痛みます。

ちなみにハワイウォーターはハワイのスーパーでも販売されていましたが、価格は日本の3割ほどでした。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.