山登りとインデックス投資の共通点

mountains-nature-man-person

久しぶりに山登りをしてきました。滝をみたり、沢を登ったりしながら、未来の生活やインデックス投資のことを考えていました。

ちなみにこの記事でのインデックス投資とは、インデックス積み立て投資法のことです。

山登りとインデックス投資は共通点が多い

ゴールまで長い道のり

どちらもゴールに向かって、地道にコツコツやっていかなければなりません。山登りは長い上り坂の先に頂上があり、インデックス投資は日々の労働・家計管理・積み立て投資の先に資産が待っています。

歩みを止めてしまえば、ほとんど何も得られません。

ですが、つらい山道にも素晴らしい景色・自然が登山者を楽しませてくれます。インデックス投資も地味な投資法ですが、コストの低い商品を探したり、利益を確認したりするとなかなか楽しいものです。

それでも毎月の積み立て投資を継続することは、かなり地味で退屈な作業です。この地味な作業を何十年も継続することは、人生を通じた鍛錬だと思っています。

落とし穴の存在

山登りは素敵な景色に夢中になったり、足元に注意をしていないと、谷底に転落する危険性があります。

積み立て投資にも同じような落とし穴があります。私は何度も落とし穴にはまりました。もちろん這い上がってきましたけどね。

アセットアロケーションを頻繁に変えてみたり、個別株式に手を出してみたり、相場を読んでみたり。インデックス投資には、実に色々な落とし穴があります。

あまりにも深い落とし穴にはまると抜けられなくなるので、気を付けて下さい。

仲間の存在

今回は、一人で山登りをしてきました。もしその山の登山者が自分だけだったら、とんでもない恐怖ですよ。先行者がいたり、下山ですれ違う人とあいさつしたりすることが、登山に安心感を与えてくれます。

ただし、頂上近くで下山者から言われる「頂上まですぐですよ!」ほど信じられない言葉はありません。だいたい、頂上までかなりの距離があります。

インデックス投資を一人だけでやるのは、かなりの恐怖だと思います。こんな投資法でいいのかと疑心暗鬼になるのではないでしょうか。

ですが、コツコツ投資の会やインデックス投資ナイトに参加すれば、仲間がたくさんいることに気づきます。またインデックス投資ブロガーもどんどん増えているので、孤独感を味わうことはほとんどないと思います。

仲間の存在って、大事ですよね。

ゴールで何かしら得られる

山頂に到達した時の達成感や眼下に広がる雄大な景色は、登山特有の感動を与えてくれます。

インデックス投資のゴールも、おそらくそれなりの金融資産が得られているはずです。ただし、必ず利益が出せる投資法ではないので注意して下さい。それでも、何十年の積み立ての結果(金額)はすごいと思います。

さらに私には、何十年も続けたブログも残ると思いますし、今から楽しみにしています。

インデックス投資は手間がかからず、簡単な投資法です。投資のやり方にこだわりをもたなければ、本当にインデックス投資は簡単です。

ですが、何十年も投資方針を変えずに、愚直にインデックス投資を継続することは思っているより難しいことです。

回り道を何度もした私だからこそ言えるのですが、他の投資に浮気せず、インデックス投資をずっと続けることが最も大事なことです。

インデックス投資を継続する意思の強さは、きっと人生の役に立つと思いますよ。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.