インデックス投資家なら、「全面改訂 ほったらかし投資術」は読んでおこう!

person-woman-hand-relaxing

久しぶりに、インデックス投資家にとって価値のある書籍が発売されました。

私をインデックス投資に導いた、「ほったらかし投資術」の改訂版です。私の人生を変えた投資本の改訂版ですよ。興奮しながら、すぐに読み切ってしまいました。

ほったらかし投資術と全面改訂ほったらかし投資術の違い

改訂版という題名だったので、古い情報の訂正ぐらいかと思っていましたが、ほとんど違う本になってます。

よく見たら「改訂版」ではなく、「全面改訂」だったのですね。納得です。

この「全面改訂」という言葉ですが、著者の山崎元さんが好きな言葉なのかと思います。

山崎さんの著書も、「全面改訂 超簡単 お金の運用術」ですからね。

全面改訂 ほったらかし投資術の目次

【序章】人はどうしてインデックス投資家になるか
――水瀬ケンイチの投資遍歴

【第1章】さっそく、初めてみよう!
――インデックス投資の正しい手順ガイド
お金の運用プロセス
◆個人がお金を運用する正しい手順
運用プロセスは家電製品を買うのと同じ
◆「正しい運用手順」を家電製品購入のプロセスに当てはめてみよう
実際に運用してみよう!
・無リスク資産は「国内債券」と「現金」
・リスク資産は「国内株式」と「外国株式」
◆誰でもできる「個人のマネー運用簡単マニュアル」
1.生活防衛資金と運用資金を分ける
2.ネット証券に口座開設
3.DCとNISAの口座開設
4.リスク資産の投資額決定
5.「リスク資産」は内外の株式インデックスファンドを50%ずつ
6.DCとNISAへ投資を割り振る時の考え方、注意点
7.「無リスク資産」運用の内訳
8.モニタリングとメンテナンス

【第2章】一歩先行くあなたへ
――インデックス投資説明編
●インデックス運用、3つの長所を整理する
1. インデックス運用は手数料が安い
2. インデックス運用はわかりやすい
3. インデックス運用は負けにくい
●インデックス運用の短所も少々
●インデックスファンド、ETFはこうして選ぶ
●メンテナンスとリバランス
●運用中の心がまえと注意点
●みんな気になる?将来の売り方
●インデックス派vs.アクティブは「神学論争」でのふるまい方
●インデックス投資の情報収集

【第3章】商品ガイド編
――インデックスファンド、ETFの「ミナセ・ミシュラン」
◆インデックスファンド(インデックス投資の基本形!)
◆国内ETF(インデックス投資のニューフェイス)
◆海外ETF(インデックス投資の上級編!)

【第4章】マニア向けの特別付録:ETF運用の現場を知りたい!
――日興アセットマネジメント ETFセンター長・今井幸英さんに聞く
・なぜ今ETFがいいのか?
・ETFファンドマネジャーの役割――だからETFは低コスト
ほか

全面改訂ほったらかし投資術の感想

このページ数で、初心者から上級者まで満足させる内容に驚きました。この本がきっかけでインデックス投資を始める人たちがたくさんいるだろうと思います。

そしてインデックス投資ブロガーは、第4章を評価しています。マニアックな内容だとは思いますが、ETFの運用の現場を知ることができる内容になっています。非常に面白かったです。

また、楽しみにしていたミナセ・ミシュランもよかったです。水瀬さんはこの商品を評価していたのかと、楽しく読みました。

ほったらかし投資術が数年ごとに改定されていけば、日本版のウォール街のランダム・ウォーカーになるのかなと思います。

次回はぜひ、新書ではなくハードカバーで、さらに倍以上のページ数でお願いしたいと思います。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.