地獄の底まで積み立て投資をする決意をした。

「積み立てインデックス投資法」

積み立てインデックス投資法は、世界的に投資の主流になりつつあるインデックス投資と、投資するタイミングを考えなくてよい積み立て投資を組み合わせること。普通の投資家にとって最強の投資方法だと私は信じています。

積み立て投資法自体が投資のリターンを上げる有利な投資法ではありません。しかし、投資タイミングを読むという心理的負担がなく、給与所得者にとっては毎月の給料から一定額を投資し続けるというシステム化ができるので、私はみなさんに積み立て投資をすすめています。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)

地獄の底まで積み立て投資をする決意

この数日間はやや円高・株安になってきていますが、この数年間の経過をみるとかなりの円安・株高です。積み立て投資は相場が好調でも不調でも、とにかく投資をし続けることが重要です。原則として、最初に積み立て投資をしようと思ったら、投資を止めてはいけないのです。

ですが、私の積み立てている海外ETFのバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)は株価の高値を更新し続けています。こんなに好調な相場は長く続かないという考えが頭の片隅にあり、積み立て投資額をあえて増やさないようにしてしまいました。

私の投資は、月に10万円を必ずVTに投資をし、さらに毎月の節約できたお金もVTに投資をする方針です。今月は10万円投資したから、これ以上の投資はやめておこうと思っていたのですが、私のモチベーションに火をつけた記事を読んでしまいました。

参考記事: 投資においてもメンターを持つことが重要

またまた、神経内科医ちゅり男のブログからの引用です。最近、一番読んでいるブログがちゅり男先生のブログです。神経内科医って頭が良くないとできない専門家なんですよね。医者の世界では神経内科医=優秀なんです。その神経内科医が書いている投資ブログなので、本当に勉強になります。ちなみに非公開ですが、私の専門科もそれなりに頭の良い人材が集まるのですが、私はそんなに頭が良い方ではありません。

投資で失敗する方の多くは、自分が決めた投資スタンスを最後まで貫き通すことができないからです。

ドルコスト平均法で毎月積み立てることを決めたのであれば、世界が滅亡するほどの悲観的な相場になったとしても、ぶれずにコツコツ積み立て続けることが重要です。 (投資においてもメンターを持つことが重要より引用)

なんだか私のメンタルを見透かされたような記事でした。ドキッとしてしまったので、早速SBI銀行で5万円分の米ドルを購入し、SBI証券でVTの成行注文を出しました。ちゅり男先生、ありがとうございました。

(関連記事)

SBI銀行が為替手数料を大幅に引き下げ!海外ETF投資がより低コストな時代に突入。
SBI銀行からおとといメールがきました。 【重要】外貨取引の為替コスト変更に伴う外貨預金等書面改定のお知らせという件名のメールでした。内容を読んでみると、かなり素晴らしい内容が書かれています。 S...
スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.