楽天のポイントで投資信託が購入できるようになるが、私は利用しない。

以前からアナウンスはされていましたが、楽天証券が楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるサービスを始めるそうです。このニュースを知った時は、楽天証券の口座利用を再開しようかなと思いましたが、そこまでお得なサービスではないので静観することにしました。

ちなみに、私は大量の楽天スーパーポイントを獲得しています。月に3万~4万ポイントを獲得しているので、楽天証券を利用すればポイントだけで3万~4万円分のインデックス投信を積み立てることができます。

私の楽天スーパーポイント獲得方法はこちらをお読みください。

楽天ふるさと納税でお得に大量のポイントを獲得する方法
ふるさと納税のサイトはいくつかありますが、おすすめは楽天ふるさと納税です。楽天ふるさと納税であれば、返礼品(お礼の品)をもらえる上に、楽天スーパーポイントを獲得できます。賢い方法でふるさと納税をすれば、寄付額の17%~27%...

では今回のサービスの概要からです。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)

投資信託ポイント買付サービス

サービス概要

2017年8月26日(土・予定)より投資信託の買付代金の一部又は全てにポイント(楽天証券ポイント及び楽天スーパーポイント)の利用が可能となる。
【楽天スーパーポイントの利用可能上限】
30000ポイント/1注文
100000ポイント/1ヶ月

上限は設定されていますが、月に10万円分のポイントが消費できれば十分だと思います。

対象サービス

通常買付(金額指定のみ)

対象銘柄

当社取扱の投資信託 ※MRF・当初募集期間中の銘柄等一部銘柄は除く

対象となるポイント

・楽天証券ポイント
・楽天スーパーポイント

期間限定ポイントや他ポイントから交換して保有している楽天スーパーポイントは使用できない。

期間限定ポイントが使えるとかなり魅力的なサービスになるのですが、さすがにその対応はありませんでした。

楽天スーパーポイントは期間限定ポイントと通常ポイントに分けて考える必要があります。期間限定ポイントは楽天のキャンペーンを利用することで、通常ポイントより大量に獲得できます。大量に獲得できるのですが、消費する期限をすぎると失効してしまいますし、ポイントの消費の仕方にもいくつか縛りがあります。

一方、通常ポイントは期限もないですし、お得に使う方法がいくつかあります。例えば、楽天カードを保有していれば、キャンペーン期間中にEdyに交換すればポイントの2~3%がお得になります。

また、楽天ポイントカードというシステムを利用すれば、ガソリンスタンドやマクドナルドやミスドでの支払いに使うこともできます。そのため、あえて楽天証券で投資信託の購入に使う必要はないと思います。

私がこのサービスを利用した方がいいと思う投資家は、「楽天カードを保有せず、楽天証券で投信を購入している投資家」だと思います。いろいろ書いてきましたが、楽天スーパーポイントを貯めていて、さらに楽天証券でインデックス投資をしている方は、難しいことを考えずにスーパーポイントで投信を買い付けるのはいいと思います。

楽天スーパーポイントを保有しているが、楽天証券以外のの証券会社で積み立てインデックス投資をしている方は、あえてこのサービスを利用しなくてもいいのではと思います。

したがって、私はこのサービスを利用する予定はありません。ですが、とても素晴らしい取り組みだと思っています。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.