節約の達人も多額の退職金をもらった人も、投資の罠に簡単にはまる

先日のクローズアップ現代(NHK)の「先行き不安病を斬る! わが家のマネー防衛」は見られましたか?山崎元さんが出演されるということで、私はワクワクしながら観ましたよ。

NHKでの山崎節は炸裂するのか楽しみにしていたのですが……

山崎節よりも、節約の達人やたくさんの社会経験をしてきた初老の男性が投資のワナにはまる姿が印象に残りました。

雑誌の取材を受けるような節約の達人の主婦が、安全な投資と考えて投資をした商品が、なんと外貨建て保険(米ドル)……手数料がとても高い商品に手を出してしまっては、節約をしている意味がありません。

退職金の運用を考えている男性は、なんと銀行に投資を指南してもらおうとしていたり、とにかくリターンの高い金融商品を探してみたり…..おそらくこの男性は、投資で損失を出すと思います。

多くの人が投資の罠にはまる

私はほったらかし投資術に出会ったおかげで、投資の罠にははまらなくてすみました。

ですが多くの人は、投資をしようと思ったら、危ない投資に手を出してしまうのではないでしょうか。FXをしてみたり、銀行や証券会社に投資のやり方を聞きに行ってしまったりしますよね?今の時代ならファンドラップのような馬鹿げた金融商品に投資をしてしまったりするのではないでしょうか。

それから、節約の達人も初老の男性も、生活費を補てんするために投資をしようとしていました。気持ちはわかりますが、生活費を補てんするために投資をするのは危険です。なぜなら、リターンがマイナスになってしまったら、投資を続ける忍耐はなくなってしまうからです。

普通の人が投資をするのであれば、インデックスの積み立て投資が最適だと思います。もっともっと、インデックスの積み立て投資が認知される日本になってほしいなと番組を見ながら考えました。

番組の最後で、若い女子たちがイデコについて勉強していたので、希望はありますね!

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.