ベランダガーデニングを再開!食費の節約を目指す

ベランダ・テラスでも、食費を抑えるための野菜作りをすることができます。キュウリやトマトなどの比較的大きな野菜ではなく、ハーブなどの簡単で価値のある野菜を育てるのがポイントです。

去年はマンションの大規模修繕があったので、ベランダガーデニングはできなかったので、今年は野菜作りを頑張ろうと思います。

4月はベランダ農業を始めるにはぴったりの時期です。4月は栽培を始められる野菜が多いので、選び放題です。植物をあまり育てたことのない人は、ハーブの寄せ植えをおすすめします。バジル・ローズマリー・イタリアンパセリなどを一つのプランターで育てると、おしゃれなガーデニングになります。

私は、これらの野菜を育て始めました。

・ベビーリーフ

とても簡単に育てることができ、すぐに収穫できます。グリーンサラダとしてそのまま食べられるので、おすすめです。栄養価も高いと言われています。

・パクチー

パクチーは簡単に育てられる野菜なのですが、おととしは失敗しました。山盛パクチーを食べたいので、きちんとメンテナンスしながら大量に育てようと思います。

・二十日大根

幼稚園児の子供の教育用に、子供に育てさせています。種を自分で蒔き、毎日の水やりも自分でさせようと思います。

・ローズマリー

ポテトにオリーブオイルとローズマリーをからめて、180度のオーブンで30分調理した「ローズマリーポテト」のために育ててみます。ハーブの王様なので、使い道には全く困りません。

ちなみにこのローズマリーポテトのレシピはこちらの本にのっています。

・レモンバーム

蚊よけのために、育ててみます。どれだけ効果があるのかわかりませんが、ハーブティーにもできるので!

秋にはにんにくにもチャレンジ予定です。

趣味としても節約としても、ベランダ農業はおすすめです。失敗してもいいかなぐらいの気持ちで、ぜひトライしてみてください。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.