インデックス投資!ETFと投資信託はどちらがいいのでしょうか?

インデックス投資では、ETFと投資信託のどちらを選べばよいのでしょうか。少し前であれば、ETFと投資信託の信託報酬(コスト)の差が大きかったのでETFが比較的有利だと思っていました。最近は、コスト差がなくなってきているので、どちらを選べばよいのでしょうか。

私は海外ETFのバンガード・トータル・ワールド・ストック・ETFに投資をしていますが、ETFよりも投資信託が優れていると思っています。

投資信託がETFより優れている点

・金額での買い付けができる

→ETFでは株数でしか買い付けできませんが、投信であれば買いたい金額で購入できます。しかも少額ずつの投資ができます。これは大きなメリットです。

・分配金が(ほとんど)出ない

→ETFでは、分配金にかかる税金のために、運用成績が落ちてしまいます。

・投資の労力が少ない。

→ETFに比べて、購入はとても簡単です。証券会社には自動で投信を購入するシステムが用意されています。

投資を長く続けるほうが大事!

投信の方がETFよりもメリットがあると思っています。しかし、ETFの方がコストが安いので、インデックス投資にこだわりたいのであれば、ETFは良い選択になると思います。

また、国内株式はETFで投資をして、それ以外のアセットに関しては投信を選ぶというようなハイブリッド投資をすることもできます。

つまり、そんなに悩む問題ではないと思いますが、どうでしょうか。どちらを選んでも、投資のリターンに大きな影響をもたらさない気がします。

それよりも、どちらが自分にピッタリなのかを、実際に利用してみたらいいと思います。投資は長く続けていくことが大事なので、「より長く投資を続けていくためという視点」で選べばいいと思います。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.