SKⅡのような化粧水を自作した。妻が絶賛する化粧水の誕生!

SKⅡ のフェイシャルトリートメントエッセンスを使ってみたことはありますか?価格はとても高いけれど、品質はとても良い化粧水です。ですが、とても高い化粧水を毎日使える余裕は我が家にはありません。

私はふと考えました。SKⅡを自作できないものだろうか…….

SKⅡといえば、「ピテラ」です。ピテラとは、特殊な酵母が発酵する時に生成される液体だそうです。ピテラをなんとか作れないだろうか。

このピテラの発見のきっかけになったのが、日本酒を作る杜氏の手がとてもきれいだったことから始まります。杜氏が手で混ぜるものは、「米麹」です。

ということで、米麹の化粧水をつくることにしました。

用意するもの。

・100mlほどの化粧水を入れるボトル(ガラス製がよいが、私はダイソーで購入したプラスチック容器)。

・デジタルスケール(なくてもなんとかなる)

・ざる(なくてもよい)

・耐熱性の容器(80℃ぐらいに耐えられるもの)

・デジタル温度計

・天然水95ml(水道水はやめましょう。)

・米麹10-15g (固まっていないタイプが使いやすいです。)

・グリセリン 5g

フクリ流米麹化粧水の作り方

①できれば容器を熱湯で殺菌しましょう。

②天然水95mlを60℃に温めます。高温だと麹がダメになるので、そこだけは慎重にお願いします。

③②に米麹を10-15gほど入れて、5時間ほどほったらかします。室温にこだわらなくても大丈夫です。

④5時間以上経ったら、普通のざるで液体と米麹を分けます。ざるを通すのが面倒なあなたには、上澄みだけをスプーンですくうという裏技もあります。

⑤グリセリンを5g入れて、シャカシャカ混ぜればできあがりです。簡単ですよ!

この化粧水は完全無添加なので、1週間ほどしか使えません。すっぱいにおいがしてきたら、新しい化粧水を作りましょう。一度、試してみてください。高価な化粧水よりも品質が良いと思います。(ただし、お肌に合わない人もいると思うので、最初は慎重に使ってみてください。)

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.