シンプルライフ・ミニマリストライフ1年目で、捨てて後悔したモノ

シンプルライフ・ミニマリストライフを生活に取り入れてからまだ半年ぐらいなのですが、いくつか捨てて後悔したモノが出てきました。

必要だと思っていたモノが不要なモノで、不要だと思ったものが実はとても便利だったモノだと気づくことがあります。モノが自分に必要なモノなのか不要なモノなのかを区別することは、とても難しいものです。

ただ、不必要なモノが身の回りから消えていくと、幸福感は明らかに上がりますし、人生が好転します。幸運を呼び込めるようになります。幸せよりも不幸だと感じることが多い人には、こちらの記事を読んでみてください。ちなみに、私は宗教とは無縁の存在で、神様よりも化学反応や代謝経路を重要視する理系人間です。

「超一流の整理術」を読むと、断捨離に目覚められる。
中谷 彰宏さんが書かれた、一流の常識を破る5「超一流」の整理術を読みました。 不要なモノを捨てて整理をすることで、運がよくなり仕事もうまくいくという趣旨の本です。断捨離や整理をしたぐらいで、運が...

私が捨てて後悔したモノはこの二つです。

一つめは、ヨーグルトメーカーのヨーグルディア。

R1ヨーグルトすら密造できる、優秀な相棒を手放したことを後悔しています。ヨーグルトは買えばいいと決意して、捨ててしまいました。2017年は「米麹」を生活に取り入れることにしたのですが、ヨーグルディアがあればより快適な「米麹」ライフを送れたのにと後悔しています。

2つめは、オキシクリーンです。

数年前にコストコで買ってきたとても大きなオキシクリーンですが、洗濯スペースのかなりの面積を占めていたので、捨ててしまいました。しかし、ミニマリストにとってオキシクリーンは汚れを落とす必需品らしく、すぐに買いなおしました。特に、洗濯するときに洗剤にオキシクリーンを加えると、色も匂いも素晴らしい仕上がりになります。

捨てて後悔するモノはいくつかありますが、捨てて幸せになれるモノはたくさんあります。不必要なモノに囲まれるという生活をやめてみませんか?私もまだまだ理想には程遠いですが、このライフスタイルを目指したことに後悔はまったくありません。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.