積み立てNISAを利用するかは思案中

積み立てNISAの制度が少しずつ決まってきているそうです。どうやら、年間で投資できる額は40万円で、非課税期間が20年間になるようです。そしてこの積み立てNISAという制度は2037年までは継続するようなので、総額は800万円を投資できるようです。

税制改正要望を閲覧すると、もともとは年間投資額を60万円にしようとしていたみたいですが、減額されたそうです。減額は残念だという意見もありますが、私は金融庁が若者の資産形成の環境を少しずつ整えようとしている姿勢に好感を感じています。

しかし、金融庁から出された税制改正要望を読むと以下の点が気になりました。

〚長期・分散投資に適した一定の投資商品に限定〛

おそらく、具体的な金融商品の選定は発表されていないようです。私の予想では、毎月分配型投信を除いた買い付け手数料無料の投資信託になると考えています。国内ETFもおそらく投資できるとは思いますが、海外ETFは微妙かなと思っています。ぜひ、海外ETFも長期・分散投資に適した投資商品ですので、投資できるようにして頂きたいと思います。

投資できる商品が決定しなければ、積み立て型NISAを利用するかどうかは決められないです。ただし、非課税20年は魅力的ですので、前向きに利用するかを考えようと思います。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.