モノを捨てるのに疲れる“捨て疲れ”の症状が出現。

firefighter-fire-portrait-training

お金と時間の節約のために、シンプルライフ・ミニマリストを目指しています。ひたすらモノを捨てるという生活をしてから2か月が経過しました。ゴミ袋で50袋以上は断捨離できたと思います。家は2か月前よりもスッキリしてきましたが、まだまだ理想とする環境には時間がかかりそうです。

しかし最近は、捨てるペースが落ちてきました。捨てるモノはたくさんあるのですが、何も捨てない日もあるぐらいです。どうしてなのだろうかと思ったら、「捨て疲れ」という症状があるそうです。この言葉をこの本から知りました。

捨てるのがつらくなってきたら・・・・

ゴミ袋に50~60個ほど捨てたあたりから、だんだん捨てられなくなってきます。「捨て疲れ」が始まるのです。最初は快調にポンポン捨てられたのに、そのうち捨てるのがしんどくなる、これが捨て疲れの症状です。

解決策としては、

・無理に捨てずに、1日1個ずつ捨てること

・「捨てることに」過度に期待しすぎないこと

だそうです。

私は、心理的負担もなく、簡単にたくさんのモノを捨てるという方法を選んでみました。捨てるモノは、旅行のガイド本です。短時間で10冊以上の本を捨てることができました。シンプルライフ・ミニマリストへの情熱が戻ってきました。

また不必要なモノを探す日々に戻ろうと思います。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.