為替リスクは管理するより受け入れる。

pexels-photo-189405

こちらの記事を読んで、久しぶりに為替リスクに関して考えてみました。

参考リンク: 為替リスク管理について考える

日本人の投資家は、円建ての資産の保有割合が多いとよく言われます。通貨も分散投資が必要で、円以外にドルなどの資産を持っておいた方が良いと投資本には書かれています。

インデックス投資家は国際分散投資をするので、ドル建ての資産を保有しており、為替の影響が資産を直撃します。私もインデックス投資のほとんどは海外の株式ですので、かなり為替の影響を受けてしまいます。

為替の影響を受けないために、「為替ヘッジ」をするという方法があります。簡単に書いてしまえば、ドル建ての資産のヘッジをするためには、FXなどでドルをショートしていればいいのです。簡単なように思えますが、普通の投資家には難しいです。

なぜか?

為替ヘッジをするということは、相場に対してアクティブな状態になります。パッシブな運用を心がけなければならないのに、アクティブな投資を組み合わせなければなりません。

・為替ヘッジをいつまでしているべきかを考えなければならない。

・為替ヘッジをしたことでリターンが減少してしまった場合に、ヘッジを止めるべきか考えてしまう。

・為替ヘッジをしたことでリターンが増加した場合にも、そろそろヘッジを止めようか考えてしまう。

つまりは、為替ヘッジをすることで、余計なことをしたり、余計なことを考えたりしなければならなくなります。せっかくほったらかしできるインデックス投資をしているのに、余計な仕事を増やす必要はないと思います。

為替ヘッジありのインデックスファンドを選べばいいという意見もあると思いますが、余計なコストがかかり、やはり心理的な問題はつきまとうと思います。

私の結論としては、「余計なことをするよりも、為替のリスクは受け入れた方がよい」です。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.