スチームレンジ パナソニック 「NE-BS803」のクチコミ・評価

food-vegetables-meal-kitchen

投資とは関係のない話ですが、スチームレンジ パナソニック NE-BS803に関しての記事になります。まったくクチコミ・評価がない機種なので、きっと誰かの役に立つだろうと考えて記事にしてみます。

まず、2016年の夏~秋にかけてスチームレンジを選ぶのであれば、シャープのヘルシオシリーズ、パナソニックのビストロシリーズ、東芝の石窯シリーズになります。

スチームレンジに求める性能

私が求めた性能は、

・無駄な機能は省き、そこそこの値段であること。

・手入れがしやすいこと。庫内がフラットになっていること。

・オーブンが300度くらい。

・レンジ機能がしっかりしている。温度のムラがないこと。

です。

我が家のスチームレンジは5年以上前のビストロで、塗装ははげ、天井のむき出しのヒーターは焦げ付いており、冷凍ご飯を温めると温度のムラがかなりある状態でした。電気屋の方から、今もそのレンジを使用していたことにびっくりされました。普通は買い替えてますと言われましたが、我が家の物持ちがとっても良いことを誇らしく思いました。

そんな我が家が選んだレンジは、ビストロシリーズの最新機種「NE-BS803」です。価格の下落がすさまじいです。今の値段なら、即買いレベルです。

我が家の選び方

ヘルシオは、シャープという会社の信用リスクを取りたくないという投資家的な発想で、却下しました。アフターサービスに不安を感じたので….

石窯シリーズは、東芝の粉飾決算に不安を感じたものの、使ってみたいという気持ちがありました。石窯シリーズはパンを焼くために特化しているというクチコミを読んだことと、値段が高いという点であきらめました。特に、石窯シリーズの高級機種についている深皿メニューに魅力を感じましたが、予算オーバーだったのであきらめてしまいました。

ビストロシリーズでは、NE-BS1300とNE-BS903とNE-BS803で迷われる方が多いと思います。上位二機種には、ヒーターの性能が高くなるグリル皿や、性能の良い加熱センサー、メンテナンスしやすいように加工された天井などが付いています。我が家は数週間迷いましたが、「きっとそんなに変わらない。そんな機能に数万円も払えない。」との結論が出て、NE-BS803を購入しました。

レンジ機能はしっかりしていますし、デザインも高級感があります。スチームレンジ機能も満足しています。それから、庫内がフラットになったので、本当に掃除しやすいです。それから、使用した電気代も表示されるのもGOODです。

色は、シンプルライフ・ミニマリストが大好きな圧迫感の少ない白を選んで正解でした。黒より白の方がおすすめですよ。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.