簡単な水出しコーヒーを用意して、ラテマネーを減らそう!

pexels-photo

ラテマネーという言葉をご存知でしょうか。私なりの解釈では、毎日の何気ない浪費のことだと考えています。必要ではないけど、不必要でもない出費であり、さらに少額の浪費なので、浪費したことに気づいていないことが多いです。

有名なラテマネーが“コーヒー”ですね。毎日、コンビニやカフェでコーヒーを買うと、年間で数万円の出費になってしまいます。あとはコンビニでつい買ってしまうデザートなどでしょうか。

私はこのラテマネーを少しでも減らすために、家で水出しコーヒーを作っています。喫茶店のように長い時間をかけてゆっくり抽出はしないので、簡単にできます。麦茶を作るのと同じくらい簡単です。

私は家でコーヒーを飲まずに職場に行くと、必ず自動販売機で缶コーヒーを買って飲んでしまいます。朝からゆっくりコーヒーを淹れる時間もないですし、そこまでまめな人間でもありません。しかも夏場はアイスコーヒーを飲みたいのですが、アイスコーヒーを作るのはやや面倒です。でも水出しコーヒーであれば、前日の夜に作っておけば手軽に飲むことができます。

フクリの簡単でズボラな水出しコーヒー

dsc_0180

水出しコーヒー用のポット、アイスコーヒー用のコーヒー豆(粉)、水出しコーヒー用のコーヒー豆を入れるパックを買ってきます。

私はこれらすべてをオーケーストアで準備しました。

オイシックスやコストコが好きでしたが、今はオーケーストアのファンに!
我が家は、コストコでアメリカのモノを大量に買ったり、オイシックスで高品質なモノをたくさん買ったりすることが大好きでした。コストコやオイシックスを頻繁に利用していた時は、食料品代がたいへんなことになっていました。 ...

水出しコーヒー用のポットは、2人用で500mlほどの容量のものがちょうどよいと思います。コーヒー豆はアイスコーヒー用が味のバランスがとれていていいと思います。お金を気にせず大量に使いたいので、安い豆を買うようにしています。特にオーケーストアオリジナルのアイスコーヒーは、とても安価ですがおいしいです。

水出しコーヒー(2人分)

前日の夜に仕込みます。

まず、ポットに水を400ml入れます。

次に、パックにコーヒー豆を30gぐらい入れ、豆が漏れないようにパックを閉じて、水にうかせておきます。

dsc_0181

これで次の日の朝には、しっかり抽出できています。そのままグラスに注いで、飲んでいます。

水筒を持ち歩いているのであれば、もう少し量を多めに作って、職場に持っていくのもいいかもしれませんね。

水出しコーヒーはハードルが高そうですが、とても簡単にできてしまいます。そしてとてもおいしいです。ぜひ、試してみてください。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.