ネット証券大手3社の米国株式・ETFの手数料比較。やはり最安値はあの証券会社。

black-and-white-city-skyline-buildings

海外ETFを積み立て投資している私にとって、米国株式・ETFの購入手数料は非常に重要になります。証券会社に払う手数料は少なくしておきたいものです。

SBI証券が、特定口座に対応し、さらに売買手数料をマネックス証券と同じレベルまで下げたことで、SBI証券が最安値となりました。SBI証券は、SBI銀行で購入した米ドルを利用して米国株式・ETFを購入すると、為替手数料を1ドルあたり15銭まで下げることができます。

私は利用したことがないのですが、SBI証券のFXを利用すればほとんど為替手数料を取られずに米ドルを購入できます。ただし、FXを利用する場合は、1万通貨(およそ100万円)を購入しなければならないところが注意点です。

大手ネット証券3社の米国株式取引の比較

20160717 米国手数料1

あとはSBI証券が、注文方法を改善してくれたらいいですね。指値のみだと注文するのが、面倒です。

大手ネット証券3社の米国株式手数料の金額比較

2016717 手数料比較2

SBI銀行で購入した米ドルをSBI証券に入金し、米国株式・ETFを購入することが最も安いので、SBI証券をおすすめしたいと思います。

おすすめのSBI証券はこちらからどうぞ。



スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.