2015年の海外ETFの分配金の総額はどうなった?

pexels-photo (2)

もうすぐ7月になり、2016年も半分が過ぎました。今さらですが、2015年の海外ETFからの分配金の総額はどのくらいになったのか、記事にしておきたいと思います。

私はインデックス投資家としてはやや異端の存在で、海外ETFからの分配金を増加させる投資方針を持っています。老後はこの分配金を利用して、豊かな老後生活をエンジョイしようと考えています。そのあたりの投資方針について書いた記事がこちらです。

本多静六の四分の一貯金法をインデックス投資に適応させるには?
私が海外ETF投資を決意した理由の一つが、本多静六先生の実践した「四分の一貯金法」でした。 なぜ、「四分の一貯金法」を実践するために海外ETFを利用することにしたのか記事にしたいと思います。 ...

2015年の12月時点での私の保有ETFはこちらになります。海外ETFへの積み立て投資は2015年の5月から始めていますので、約半年間の分配金になります。下のグラフの株価と分配金利回りは、2016年6月のデータです。

2015分配金

2015年に受け取った海外ETFからの分配金の実績は、合計41.93ドルで、5000円にもなりませんでした。本当に小さな額ですが、私の計算では60歳の時点で、年間の分配金総額が100万円まで増加する予定です。

ちなみに数か月前に、投資方針を変更して積み立てるETFは「VT」のみにしています。

ポートフォリオを変更。株式100%に変更し、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)の積立をスタート。
ポートフォリオを変更しました。債券やゴールドなどに投資をしていましたが、今後は株式のみのポートフォリオに変更しようと思います。ただし、このポートフォリオ以外に、保険(低解約返戻金型終身保険)・キャッシュ・現物不動産を保有して...

それから、2016年6月より、家計の収支のバランスを整えることができ、四分の一貯金法を行えるようになりました。しっかりと支出を抑えることで、積み立て投資の資金を捻出することができそうです。

今は小さな小さな分配金ですが、積み立てを何十年も継続すれば、やがては大きな果実として大きな資産になるはずです。コツコツと投資を継続していくだけです。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.