格安SIMのあまり知られていないデメリット。ほとんどの格安SIM会社は名義変更ができない。

sign-pin-badge-name
節約の基本は固定費の削減です。

人生の大きな出費は「家・保険・車」と言われていますが、これからは通信費(スマートフォン関連)が大きな出費に含まれるそうです。

大きな出費であるスマートフォン関連の費用(通信費)を節約するために、格安SIMの「みおふぉん」を利用していました。

以前はドコモの愛用者だったのですが、ドコモからみおふぉんへ変更して、月に5000円以上の節約に成功しました。

ですが、みおふぉんを利用して1年以上が経過し、ある隠されたデメリットが出てきてしまいました。

そのデメリットは、「ほとんどの格安SIM会社は名義変更ができない」ことです。

他の格安SIMのデメリットはこちら↓↓↓

格安通信会社(音声付き格安SIM)のデメリットは大きいですよ。
格安SIMを使い始めて、3か月が経ちました。格安SIMのデメリットは意外に大きかったので、一つの実例として紹介したいと思います。

みおふぉんと契約した時に、何も考えずに妻の名義で契約してしまいました。とある理由で、私の名義に変更しないといけなくなりました。

解約したのちに、再契約をすればいいのですが、携帯番号が変わってしまいます。

ほとんどの格安SIM会社では名義変更をすることができません。

そのため、名義変更をするためには大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・Y!mobile)にMNPをするしか方法がないと思っていました。

私は名義変更をするために、みおふぉんからY!mobileに変更しました。

格安SIM会社で名義変更ができる会社がありました。OCNモバイルONEでは名義変更が可能でした。OCNモバイルONEに問い合わせをした結果、正式な回答を得られました。

私のような間違いをしないためにも、格安SIMを利用するときは、「名義」をよく検討してから契約してください。

スポンサーリンク
レクたんグル(大)
レクたんグル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクたんグル(大)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.